スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ハンドメイドのちから。
    あの日から一ヶ月が過ぎました。
    まだ避難所等で不自由な生活を送られている人がたくさんいます。
    原発の事故で恐怖におびえ、避難をして家に帰れなくなった人もいます。

    私の住む大阪では、信じられないぐらい
    普通に、自由に暮らせています。
    テレビ等の情報をシャットアウトすれば
    全くこの日本の危機を感じることもないとおもいます。

    それでも、心を痛めています。
    ボランティアで現地に赴きお手伝いをしたり、
    支援物資を届けたり、
    チャリティーを呼びかけて義援金を集めたり、
    人それぞれが、なにかしなくちゃ、、と
    そういう気持ちはみんな同じようにもっているはず。

    歌のちから。
    スポーツのちから。

    みんなそれぞれが、できることをやる。

    ならばわたしは、
    ハンドメイドのちから。

    でもなかなか、直接結びつくちからになり得ないと思っていた。
    そしたら、被災地の子供たちへ贈る「スクールバッグ」という企画を知り、少しでも力になりたいと思い参加することにしました。
    この呼びかけを聞いて数日しか経ってないのに
    当初1000枚目標のところ、すでに23,000枚ものスクールバッグが集まったそう。

    すごいね、ハンドメイドのちから。

    手づくりのものって
    歌や、スポーツと同じように、人を感動させたり、
    笑顔にするちからがあると私は信じています。

    今回はたった3枚ですけれど、
    また違った形で心のこもったハンドメイドを
    被災者の元にお届け出来たらいいなと思っています。


    P4130014.jpg

    P4130017a.jpg

    P4130019a.jpg







    スポンサーサイト
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。